乾燥肌対策に対しては保湿が正義やろなぁ

乾燥肌対策に対しては保湿が正義やろなぁ

保湿したいなら基本を守る!

私は粉がふくタイプの乾燥肌ではありませんが、常に顔が乾燥によってつっぱった感じになってしまいます。

昔は気にしていなかったのですが20代になる、将来の自分を想像して、ちゃんと肌のケアをしようと思いました。

私的に夜のお風呂上がった直後、朝の化粧をする前に結構な時間をかけています。

洗顔はロゼットという昔からある刺激が少ない石鹸をネットでしっかり泡立ててから洗います。

汚れを落とすために洗顔でよりごしごししてしまいますが、それは逆効果です。

顔に必要な脂や皮脂までも落としてしまい、ニキビができやすくなったり、乾燥が深刻化してしまいます。

泡を立てたら肌にそっとのせて、触れる程度の力で顔全体に泡を広げてください。

洗うときは25℃から30度くらいが目安です。熱すぎると肌に刺激を与えてしまいます。

もちろん冷たすぎるのもダメです。洗顔が終わり、お風呂からでたらすぐに保湿をしてください。

既に乾燥が始まっています。

私は無印良品のホホバオイル、高保湿化粧水、乳液を使っています。

はじめはホホバオイルから。

数滴手にとり頬やおでこ、鼻、顎につけゆっくり伸ばします。

べたつきそうですが、割とさらっとしてますし、これだけだも肌から水が飛ばない気がします。

次に化粧水です。かなりオススメするのが、コットンを使うことです。

結構手でやっている方が多いと思いますが、手は顔よりも吸収力が高いため手で塗ると化粧水は3分の2くらいは手に浸透してしまうみたい。

よってコットンでやった方がしっかり塗れていると思います。心配性なので3回くらいやってしまいます。

やりすぎかもしれませんが、、、 最後に乳液です。

ホホバオイル同様に顔に少しずつ塗って広げています。

これを朝と夜にやっています。朝はベタついてしまうので、基礎化粧とベースが終わったらフェイスパウダーを付けたらべたつきも抑えられて保湿もできます。

毎日している乾燥肌対策はこんな感じです。誰でも知っている基本的なことをしっかりやるだけで肌の調子は全然違います。

またどうしても乾燥してしまう秋から春先までは手持ち用の化粧水のミストを持ち歩いています。

今はアベンヌウォーターを使っていますが、小さめなので持ち歩きにも便利です。

アベンヌウォーターを使った後にニベアをうっすら塗るだけでも、その日は肌を気にすることがなくなるでしょう。

乾燥肌対策で大事なことは基本を守ること、ふとしたときに対策をできる準備をしておくことです。

乾燥する今だからこそシンプルケア

この時期に重要な課題である肌の乾燥。

私自身もとっても乾燥肌で、体から粉を吹くほどでした。

ケア方法はまだまだ模索中ですが、数年前からごくシンプルなケアにしてから、だいぶ乾燥を感じなくなりました。

その方法は、まず朝の洗顔ですが水、または水に近いぬるま湯でおこないます。

お湯は皮脂を奪ってしまうのでNGです。

石けんなどは使いません。

そしてタオルで肌を押さえるように拭き取り、ソンバーユと化粧水を混ぜたものを塗ります。

ソンバーユを混ぜると化粧水の浸透が格段にアップします。

そのあと更に化粧水のみをつけ、クリームで蓋をします。

それでも乾燥を感じる場合は、朝の洗顔をホットタオルに切り替えます。

ぬらしたタオルをレンジであたため、顔を覆い数分おきます。

そのあと、冷たいタオルで同じように顔を覆います。

ホットタオルで血行を良くし、冷たいタオルで毛穴を引き締めるイメージです。

タオルパックが終わったら、すぐにソンパーユと化粧水を混ぜたもので潤し、保湿クリームで蓋。

クリーム選びは、「保湿クリームランキング」などでしっかりと自分に合った商品を探してみてください。

はじめは物足りない感じがしますが、ターンオーバーで肌裡が整ってくるのか、続けているとそれで十分になります。

乾燥で大切なのは、とにかく保湿。

それも肌がまだ湿っていて、乾いてない状態での保湿。

まだ肌に入ると思ったら、重ねて保湿。

そして最後に油分で蓋。

高いものを使う必要はありません。

ジャバジャバ使っても惜しくないものを毎日使うのが基本中の基本。

時間はかかるかもしれませんが、シンプルなケアをコツコツと行えば、肌がかわるのが実感すると思います。

この冬も、美しい肌を守りたい

雪など降る事など珍しい四国の松山は、穏やかな天候のイメージがありますが、寒さ本番となってきました。

まだ雪は降ってはいないもののあまりの寒さと風の音に庭の外へ出てみました。

こんな寒さの時の外出は、身を守る為、外の空気にお肌をあてないような服装としたいものです。

マスクも人からの感染症など、もらわないだけの目的ではなく、口周辺もマスク着用の為寒さが違いラクな感じとなります。

寒さを直接感じない為と、お肌も大切にしたいものです。

私はとても寒がりなので、冬に手を洗う時はすぐ湯をだして洗っていました。

その上よく手など洗う方なのです。ですからいくら手のケアしても追いつかない感じでした。

でも今年は、節約の為もあり、手を洗ったりする事もすべて水なのです。

その為手はガザガザではなく今年は綺麗な手なのです。

そうかといいましても、お台所用の手袋なども、使いたくないほうなのです。

最近は「気合」という言葉が好きなのです。朝の寒い時お布団から出たくない時でも気合で起きたりしますよね。生

活していたら気合で物事が前に進むということもあります。気の弱い所もある私で、小さな嫌な事などはありますが、気合で生活しているところもあるのです。

夜などお風呂での温もりは、幸せを感じるひと時です。

このような時に、いらなくなった角質をとる事も良いのです。

湯船で暖かく気持ちがいい頃に、手ぬぐいか絹の布で、皮膚を柔らかくこすると良い肌がみえてくるのです。

踵のお手入れと共に、増やすケアーはより美しい肌となるのです。